スポンサーリンク
看護師長向け

どう対処する?反ワクやカルトに染まる看護師

看護師が反ワクチンや陰謀論、カルトなど「非科学的なもの」に走ってしまう背景は複雑です。仕事への悪影響もある一方、思想や宗教は個人の自由。職場が口出しするのも難しいのが現実です。どう対処すればいいか、できることはあるのか。職場での対処法を考えてみましょう。
看護師長向け

反ワクチンや陰謀論、カルトに走る看護師たち

反ワクチンや陰謀論、カルト宗教など、看護の対極にあるはずの非科学的なもの。が、看護師がこれらに傾倒してしまうケースは少なくありません。 なぜ非科学的なものに走ってしまうのか。3つのケースをご紹介します。
看護師向け

【展望】看護師の給与は政策でどう上がるのか(*随時続報あり)

看護師の給与を上げる方針を打ち出した自民党岸田新総裁 。喜ばしいことではありますが、これまでもこうした話がなかったわけではありません。しかしその政策が現場の看護師の給与にどう影響したのかは定かではありません。「給与増」という政策は、現場の看護師の給与にどう反映されるのでしょうか。
看護師長向け

「替えが利かない看護師」になってはいけない!してはいけない!

有名実業家を例に「オンリーワンになれ!」とか「替えの利かない人間になれ」という話をよく目にします。自分もそうなろう!と思う人も多いと思いますが、看護師の場合「あなたじゃなきゃダメなのよ」と言われて「替えの利かない人」になった気でいるのは、ちょっと違うかもー。という話です。
看護師長向け

辞めさせたい! 「問題児ナース」を退職させることは可能か?

慢性的な人手不足の看護業界において、まさかの「辞めさせたい」問題。やる気がなく、他のスタッフの士気を下げたり、チームワークや指揮系統を無視して好き勝手な行動をしたり、無断欠勤をしたりー。こうした辞めさせたい問題児ナースを抱えた職場は少なくないのです。その対処法をご紹介します。
看護師の転職事情

シニア看護師の出戻り就職 成功のポイントは!

再就職先がなかなか決まらない中、以前働いていた職場がよく見えてくることがあります。が、これは中高年にありがちな「昔は頃は良かった」「あの頃が忘れられない」現象かも。仕事を辞めて何年も経っているシニア看護師にとって、果たして「出戻り就職」は吉か凶かー。出戻り就職事情をご紹介します。
看護師長向け

【展望】コロナ後の看護師の働き方を考えてみた

新型コロナウイルス感染拡大は、社会に大きな変化をもたらしています。その中にあっても「看護は直接人を相手にする仕事だからリモートは不可能、働き方は変えられない」と考えられています。ホントにそうなのでしょうか。看護師の働き方にも、変えられることがあるのでは?コロナ後の看護の展望を描いてみました。
看護師の転職事情

「看護師転職サイトには60歳以上の求人もたくさんあります」はホント!? 仕事探しのホントの課題とは

60歳を過ぎたけどセカンドキャリアとして看護師の仕事がしたい。看護師求人サイトには60歳以上の求人もたくさんあるというけれど…。60歳を過ぎる今まで一度も看護師転職サイトを利用したことがない方に向けた、仕事探しのホントの課題をまとめました。ぜひご参考に。
看護師の転職事情

60歳以上の看護師のセカンドキャリアとしての働き方とは

定年の引き上げや廃止、再雇用制度などによって60歳以降も働ける環境づくりが進んでいます。60歳まで看護師として働き続けた人だけでなく、看護現場を離れブランクがある人にも働くニーズとチャンスがある今、60歳以上の看護師のセカンドキャリアとしての働き方にはどのような特徴があるのでしょうか。
看護師長向け

看護師長からの降格希望の伝え方と、「降格されられない」と言われたら

「看護師長を辞めたいけれども、降格してこの職場に残れるのならそうしたい」という場合、降格の希望をどのように伝えればいいのでしょうか。降格希望の伝え方と、「降格させられない」と言われたときの対処についてご紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました