師長になりたくない!  看護師長への昇進を断る方法

看護師向け

看護師のキャリアアップのひとつに「看護師長になる」というものがあります。
いわゆる出世です。

大学病院や国立病院機構のように教育体制が整った病院では、師長になるためのキャリアパスがあり、そこを経て師長になるのが一般的です。

(*キャリアパス:師長になるための試験や研修、経験プログラムなど)

つまり、師長になることを目指して師長になる。もっとザックリ言えば「師長になりたくてなる」パターンです。

 

しかし、中小規模の病院や個人病院では、

「師長になんてなりたくないのに仕方なく引き受けてしまった」
「断ることが出来ずに師長になってしまった」

という人も少なくありません。いや、むしろほとんどがそうかもしれません。

 

「このままでは師長のお鉢が回ってきてしまう」
「いや、もうすでに白羽の矢が刺さってるみたい」

というような、師長になりたくないのにさせられそうな状況で、絶対に師長にはなりたくないときは、どう対処すればいいのでしょうか。

 

◆断れずに引き受けてしまった方は、こちらの記事をどうぞ。

 

スポンサーリンク

看護師長への昇進を拒否することはできるの?


昇進は、個人の意思を無視して一方的に決定できるものではありません。

まず「○○さん、あなたを次の師長にと考えているんだけどー」というような打診があるでしょう。

「師長にはなりたくない」という意思が決まっているのなら、この段階でしっかりと断る意思を伝えましょう。

「断る理由」は、師長以外の具体的なキャリアビジョンを示す

しかし、ただ「師長になりたくない」とだけゴネるだけでは、相手(現職の師長、看護部長)は当然納得しないでしょう。

敵(もちろん現職師長たちです)は、師長としての適性の客観的な評価をあげ「あなたならできる」「あなたに引き受けてもらうのが一番だと思っている」と説いてきます。

つまり、めちゃくちゃ褒めてきます。

 

ここで気をよくして「イヤイヤ、そんなことはないですぅ~」というようなあやふやな態度をとっては、相手の思うツボです。

「○○さんだったら、みんなも納得すると思うわ」とか、「院長先生も評価しているから」とか、あることないこと(いや、たぶんあることです!)並べて説得にかかってきます。

そして最後は「誰だって最初は不安だけど、ちゃんとバックアップするから」と。

時間が経つにつれどんどん断ることができないムードになっていくでしょう。こうなる前に手を打たないといけません!

そのために「師長になりたくない理由」をしっかりと準備しておきましょう。

 

たとえば、自分は「管理職ではなく専門分野のスペシャリストになりたい」という理由です。

ただこれも、これさえ言えば断ることができるというものではありません。

・すでにそれに向けた具体的なプランがある
・またはすでに行動を起こしている

ことが「断る力」になるのです。

あやふやな理由や付け焼刃的な理由では、つけ入るスキを与えてしまいます。

職場の窮状を理由に「引き受けてもらわなければ困る」と泣き落としにあうかもしれませんが、最終的には本人の意思で決まることです。

引きけたくないのなら、その意思を強く持ち、しっかりと断りましょう。

 

スポンサーリンク

師長への昇進を拒否するとどうなる?

とはいっても、師長への昇進を断るとどうなるのでしょうか。

断ったことで仕事がしづらくなったり、人間関係がギクシャクしたりすることはないのでしょうか。

 

師長への昇進を断ると、別の誰かが師長になるか、誰かがなにかと兼務する形で師長のポジションは埋まります。組織とはそういうものです。

自分が断ったことに責任を感じる必要はなく、これまで通りに仕事を続けるべきでしょう。

ただし、

・給与や手当が引き下げられる
・休みがもらえなくなる
・やらなくてもいい仕事ばかりを与えられる

などの不当な処遇や待遇を受けてしまう場合は、職場内または職場外への相談が必要です。

 

<職場外相談機関の一例>
日本司法支援センター「法テラス」

スポンサーリンク

昇進を断り、転職を考えるときは

「師長を断ることで働きづらくなりそう」「これを機に、この職場を離れたい」そう思うときは転職も選択肢の一つです。

師長への昇進を目されたほどのキャリアと実力なので、転職自体は難しくないはずです。

が、注意が必要なことがあります。

現在の職場と同規模、またはそれよりも小規模の病院や、看護師の数が少ない介護施設の場合は、転職先でも再び「師長」「管理職」の話が回ってくるということです。

 

転職を考える場合も、師長や管理職とは別のキャリアプランを考え、それが実現できる職場を選びましょう。

ここまでの経験を無駄にしないためにも、転職先の仕事内容や条件を充分に情報を吟味し、前向きな転職にしましょう。

 

 

\前向きな転職はこちらから/

タイトルとURLをコピーしました